バイデンはウクライナに長距離ミサイルを供給しない

3.jpg

  [ワシントン 30日 ロイター] -バイデン米大統領は30日、ロシアに

到達可能な長距離ロケットシステムをウクライナに供与しないと

表明した。ウクライナは長距離兵器の供与を求めている。


 政権高官は多連装ロケットシステム(MLRS)の供与が検討されているが、

戦場の外で使う長距離打撃能力を備えたものにはならないと述べた。


 どういう風の吹き回しか最近までイケイケだったバイデンが、ここにきて

ウクライナに強力な兵器の提供を渋り始めた。

 それはやはりマリウポリの陥落とウクライナ最強にアゾフ連隊の降伏が

大きいだろう。

 ウクライナ軍はたった二三日の訓練で戦場におくられた素人が多く、ロシア軍

とはまともに戦えない。

 もはや大勢は決したのでバイデンもそろそろトンヅラを決め込んだようだ。


バイデンにはロシアと核戦争を行うほどの度胸はないのだ。


 もしウクライナが長距離ミサイルをモスクワに打ち込むようなことが

あればアメリカも無事では済まないだろう。

この記事へのコメント